2015年01月20日

モルモットの意外なところ

お迎え前に飼育本を2冊読み、ネットで情報収集をし、
それなりの知識を備えてからモルモットをお迎え
しました。それでも、飼い始めてから
「モルモットってこうだったの?予想と違った!」
という点があります。

でもそれはらっちゃんの個性で、モルモットすべてに
当てはまらないかもしれないし、らっちゃんがまだ
生後4、5か月の若いモルだからかもしれませんが。
その意外なところとは…

モルモットはよく走りまわる、しかも足がけっこう速い。

掃除の時に外に出すと、いつも喜んで部屋の中を
ぐるぐる駆け回ります。
思いっきり走る時はもう一瞬です。
ビュンッ!と通り過ぎていくんです。

飼う前にユーチューブでダッシュするモルモットを
見たことがあったけど、滅多にないものと思い込んで
いました。モルモットのふれあい広場の動画を見ても
走っているモルはいなかったし。

あ、でもふれあい広場は過密状態で走るスペースが
なかった…(そう考えるとかわいそう。隠れ家もないし…)。

とにかく、すごい速さで駆け回るらっちゃんに
驚いています。昔飼っていたハムスターみたい。
元気いっぱいなのはいい事ですけどね。(^^)

さてさて、2日前のらっちゃんです。

morumotto_rasuku12.jpg

「ん?何?」と言っているみたい。
掃除前なのでフンが写っていますが(^^;

散歩中のらっちゃん。当然この日も駆け回っていました。

morumotto_rasuku11.jpg

1日2回の掃除で、毎日1時間以上部屋に放しているから
良い運動になっているかな。

posted by かよこ at 18:06 | モルモット | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

3DS『おしゃれハムスターと暮らそう いっしょにおでかけ』

ハムスターの育成ゲームです。先月後半から時々
遊んでいます。

私、ゴールデンハムスターは約5、6年(多い時で12匹いた)、
ジャンガリアンハムスターは約3年(3匹ほど)、飼っていました。
20代前半から20代後半までです。

そのため、去年の秋に小動物を飼おうと決めた時、最初に候補に
あがったのがハムスターでした。最終的にモルモットを選んで
後悔はしていませんが、ハムスターにもまだ未練があって。
そんな時に知ったのがこのゲームだったというわけです。

新品が5040円(税込)なのにアマゾンでは
中古でも定価を超える高値で売られていて、購入を
諦めかけた時に、先月後半、近くのゲオで中古が
3980円で売られているのを運良く発見、購入しました。

ハムスターのお世話(「なでる」「餌やり」「掃除」)をすると
スタンプをおしてもらえます。スタンプをいっぱいにしたカード
を集めることで新しいケージと交換でき、かつ新しいハムスター
を飼うことができます。

お世話やARカードを使った「おさんぽ」などで、お金として
使える「スター」がたまり、新しいエサや服を入手できます。

ハムスター(たぶんジャンガリアンとロボロフスキーのみ)は
可愛くて動きも自然だし、どこが悪いということはないけど…

いまひとつ、物足りないゲームかなあ…。

タッチペンでこする動作が多めで、どうもこの「こする」が
あまり好きじゃないです。グラフィックもそんなに
きれいじゃないと思うし…。

ケージ内のアイテムをショップで購入して、自分で
自由に設置できたら良かったなあ。ケージ内は全く
アレンジできないんです。

でもARカードを使っての「おさんぽ」は新鮮です。
今までゲーム内でARカードを使ったことが
なかったので。

実はこのゲームのためにARカードを買いました。
本来は本体に付属しているものですが、どうやら私
捨ててしまったようで、このカードがなかったんです。

この「おさんぽ」ではハムスターとミニゲームができて、
好成績ならたくさんスターがもらえるのが嬉しいです。
お世話で獲得できるスターと比べると、はるかに多いです。

やや辛口レビューになっちゃったけど、そう書いておきながら
エサの種類とケージをコンプリートするまで頑張るぞと
張り切っているので、結局は気に入ってしまっているかも。

バーチャルリアリティでもハムスターを飼えるのは
嬉しいです。でもいつかまた本物を飼いたいなあ。

posted by かよこ at 00:04 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

3DS『バッジとれ〜るセンター』の危険性…

1か月ほど前に配信が開始されたダウンロード専用ソフト、
『バッジとれ〜るセンター』。

badge_center1.jpg

私は今月になってダウンロードし、毎日無料プレイを
楽しんでいます。
クレーンゲームでバッジをゲットして、そのバッジで3DSの
ホーム画面を飾れます。

でもこのゲーム、ちょっと危険です…
どんどん課金したくなるんです…(冷汗)

無料でも少しできますが、本格的にバッジを取りたいなら
やっぱり課金が必要です。

今まで使ったお金は450円。
一つだけどうしても欲しいバッジがありました。
この画面の一番左、Mii広場の起動アイコンです。

badge_center2.jpg

この左端の大きなブロックをどうしても動かせず、
何度も挑戦したものの結局取れませんでした。

人生、どうしても欲しいものが手に入らないことがあり、
それを受け入れなければならない。
そんな教訓を得ました…。

本物のクレーンゲームに比べたら、アームの力が強くて
取りやすいし(本物のアームって本当に握力ないです(^^;)、
無料で練習台を遊べるなど、けっこうサービスがきいていると
思います。

それでも、気を張っていないと、つい課金プレイへと
移行しそうになってしまいます。5プレイ90円はお得とは
いえ、何度もやれば「塵も積もれば山となる」で結構な金額に。

案内役のウサギが、
「お金を使いすぎないように、1ヶ月1万円までっす」
なんて言っていたけど…

1ヶ月で1万円って十分使いすぎなんじゃ…(^^;

ゲームに1ヶ月1万円もつぎ込むなんて。
もし子供が1万円もこのゲームに使っていたら
親御さんは血相を変えて怒ると思います。
もうちょっと上限額を下げてもいいと思うなあ。

まあ、課金の件に関しては、自制心が
しっかりしていれば問題はなさそうですけどね。

今月はもうお金を使わずにおこう、そう思った矢先、
180円分プレイすると、期間限定で『どうぶつの森』の
テーマが入手できるとの情報が…それ欲しい…。

と、とにかく、お金を使いすぎないよう気を付けます。

posted by かよこ at 18:14 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

3DSの脳トレゲーム、『鬼トレ』

『ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング』、
通称『鬼トレ』。

このゲームを始めたのは2014年8月27日。
出席日数は今日で59日です。
って去年の8月末から始めたわりには日数が
少ないですよね。(^^;

はじめの1ヶ月は連続してプレイしたけど力尽きて
しばらく放置、12月に気を取り直して12月中は15日ほど
出席、あとは思い出した時にポツポツとプレイしました。

一言で表現すると、このゲーム、相当シンドイ…。

本当はこのゲームを習慣化したいけど、とっても
キツイので、なかなか毎日は続けられず。

鬼トレは8種類もあり、それを全部毎日やるのは無理
なので、一日でせいぜい3種類までです。それでもシンドイ
ですね。鬼トレ中は脳を酷使している感覚があります。
ちなみに今日は「鬼めくり」一つで力尽きました。(^^;

特に力を入れている鬼トレは、「鬼計算」「鬼めくり」
「鬼ネズミ」「鬼記号」。その中でも神経衰弱である
「鬼めくり」は、とっつきやすいです。

このゲームを始めようとしたきっかけ、それは
40を過ぎてから会話に「あれ、それ」が増えたこと、
テレビで芸能人を見て、名前がすぐに出てこないことが
増えたことです。

脳が衰えている…それをはっきりと感じ、
危機感を覚えました…。
数ある病気の中でも認知症には絶対に
かかりたくないので…。

59日プレイして、脳の機能向上に効果があったのかと
いうと…うーん分かりません。効果あるのかなあ。
まあ、それでも続ければ効果が出るかもしれないので
続けていきたいです。

ちなみに、2015年1月16日現在の鬼トレの最高記録です。
ネットには超人的な記録が並んでいてビックリです。
私の記録は平凡そのもの。

・鬼計算…4バック
・鬼めくり…レベル11
・鬼ネズミ…速い5匹
・鬼朗読…レベル5
・鬼記号…3バック
・鬼ブロック…レベル5
・鬼カップ…6カップ
・鬼耳算…2バック

グレードはBです。Aに上がるのは難しそう…。

posted by かよこ at 17:53 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

3DS『どうぶつの森』が習慣に

3DSのゲーム、『とびだせ どうぶつの森』。

このゲーム、かれこれ1年半くらいはずっと続けて
プレイしているんです。

★理由その1…花を枯らせたくないから。

花の水やりは毎日しないと花が枯れて消えてしまいます。
交配でしか咲かない花、スズランのような貴重な花が
あるので、水やりは欠かせません。

これは自宅前の花畑です。

doumori_flowers1.jpg

喫茶店の前には金のバラにピンクのコスモス、
そしてスズラン。

doumori_flowers2.jpg

金のバラは枯れないからほっといて大丈夫だけど。

★理由その2…数字のランプで日付を入れるから

数字のランプを使って日付を表示し始めたのが
2013年8月7日です。その日の画像がこれ。

doumori_20130807.jpg

今日はこうなってます。

doumori_20150112.jpg

その後、毎日日付を変えるのが習慣になって
今に至ります。

何事も中途半端に終わりがちな私ですが、
これだけはしっかり続けられているんです。
ってゲームが長続きしても全然自慢にならない
けれど…。

『どうぶつの森』、いつの間にか毎日の歯磨きの
ように習慣化しているのでした。こんなことになった
のは初めてかもしれません。

posted by かよこ at 17:50 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

野菜が欲しくて寄ってくるらっちゃん

今月の3日に撮った写真です。
青いのは私の右ひざの部分です(足を崩してます)。

morumotto_rasuku10.jpg

夜、掃除をしていると、らっちゃんはこんなふうに
近づいてきます。膝の上に飛び乗ってくることも
あります。

夜の掃除の後は野菜をやることにしているので、
野菜はまだかと近寄ってくるんです。
ちなみに、昼の掃除の時はほとんど寄ってきません。
ちゃんと分かってるみたいです。

先月の後半だったかな。初めて、夜の掃除のあとに
野菜入り容器を膝にのせて「おいで〜」と呼んだら、
ちゃんとやってきて膝の上に飛び乗って野菜を
食べ始めました。

なんとその一回で、膝の上に野菜があるかも
しれないと覚えてしまって、次から野菜を
持っていなくても膝の上にのってくるように
なったんですよ。
食べ物に関わる記憶力は抜群ですね。(笑)

お迎えしたばかりの頃は、人がいると絶対に
隠れ家から出ることがなく、野菜を隠れ家の
入り口に持って行っても、出てくるどころか
さらに奥へ逃げ込んでしまっていた、らっちゃん。
今ではここまで慣れてくれて…感激です。

ただ、抱っこはいまだに嫌がりますね。
つかまえようとすると必死で逃げます。
なんとかつかまえると、小さくて切ない声で
きゅるきゅる鳴きます、小鳥のさえずりのように。
「怖いよ〜」と泣いてるみたいです…
そ、そんなに怖がらなくても…。

まあ、でも、ここまで慣れてくれただけでもありがたいです。
膝の上にのってくるらっちゃん、本当に可愛いです。

posted by かよこ at 22:16 | モルモット | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

3DS体験版『メタルギアソリッド』のこと、その2

前の記事の続きです。
とってもハードボイルドなゲーム、
『メタルギアソリッド スネークイーター 3D』。

体験版の最後の舞台、廃工場で気づいたことがあります。

どうやったのかよく分からないけど…たぶん敵の近くで
Lを押した時かな、スネークが敵の背後から組みついて、
方向キーと記号がいくつか表示されました。
どうやら、敵の身動きを封じてから何らかのアクションが
とれるようです。

右の方向キーの横にドクロマークが。
「はて、これは?」と、方向キーの右を押してみたら…

スネークが敵の首をナイフでかき切った!!
血が出て敵が倒れる…

…って、殺したの?殺しちゃった!? うっわあ〜(動揺)

そうか、このゲーム、人を殺せてしまうんですね…。
「バイオハザード」みたいにゾンビを殺すのとは
わけが違いますよ、ゲームとはいえ人間を
殺害するっていうのは…。けっこう衝撃でした。

で、結論です。5つ星を満点として…

製品版を遊びたい度:★★★

このゲームについて調べてみたら、一つ
気になる点が出てきました。

どうやら拷問シーンがあるらしいんです…。
拷問は勘弁してほしい…見たくないです…。

それだけは非常に嫌だけど、遊んでみたい気持ちが
かなりあります。

最初は操作方法がよく分からないし、複雑だし、すぐ死ぬしで
面白いとは思えなかったけど、どうやらアクションの種類が
豊富で戦略性が高そうだと気づいたら、急に面白く
思えてきました。操作になじんでアクションをしっかり
覚えたら、かなり燃えるゲームなんじゃないかと思います。

隠れて進むのが基本のゲームらしいけど、
体験版をやった限りでは、敵に全く見つからずに
進むのは至難の業ではないかと思いました。

それから、もし製品版をプレイする時は、できるだけ
敵を殺さずにいきたいものですね。やっぱり人間を
殺すのは後味が悪いです。

体験版、まだプレイできる回数が残っているので
もうちょっと遊ぶつもりです。アクションを使いこなしたい
ですね。

posted by かよこ at 00:53 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

3DS体験版『メタルギアソリッド スネークイーター 3D』

メタルギアソリッド、けっこう有名なゲームだと思います。
でも私は一度もプレイしたことがなく、何の知識もないまま
初めて体験版を遊んでみました。

いやもう、とにかく…非常に難しいゲームでした。
何度も死んで、15回はコンティニューしたはず。
途中で挫けそうになったけど、なんとか1回だけクリア。
本当に大変でした…体験版なのに。

ここからはプレイレポートです。ほんの少しだけ
私なりの攻略法を書いてみました(完全に素人ですが)。

最初の沼地にて。
ワニを避けようと沼を進んでいったらスネークが
沼に沈んでゲームオーバー(2回も)。
底なし沼でしたか…(^^;

ワニのいる中州を通って沼を横切ったあと、敵兵のいる地へ。
指示通り、顔にペイント&服を着替えて景色に溶け込む
格好をして、ほふく前進していたのに、しょっちゅう敵兵
に見つかり銃撃戦へ。独特の操作に慣れていないため
まともに戦えずゲームオーバー。
その後、ほふく前進の際、慎重にあたりを見回し
敵兵の動きをよく見て進み、最後あたりで敵兵に
見るかったものの、なんとか次の地へ。

今度は吊り橋のある場所。
ここでも何度も敵兵に見つかって苦労しました。
最終的には、敵を一人ずつ麻酔銃で撃ち眠らせてから
吊り橋を渡りました。
ちなみに、敵が二人でいる時にどちらかを眠らせてしまうと
もう一人がすぐに起こしてしまうので、二人が離れて
いる時に麻酔銃を使わなくてはいけませんでした。

吊り橋ではしょっちゅう落ちそうになってぶら下がる…
どうやらジャイロセンサーが関係しているようでした。
3DS本体でバランスを取りながら渡るんですね。
これがなかなか難しかったです。

最後の舞台は廃工場。
ここでも麻酔銃を使って敵を眠らせ進みました。
工場内に入ったらいきなり敵兵に見つかりましたが、
なんとか敵の視界から外れてアラート状態を解除
することに成功。やっと人質のもとへたどりついたところで
クリアです。

苦労しました…体験版なのにクリアした時の達成感は
かなりのものでした。

感想はまだ続きます。

posted by かよこ at 20:37 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

OXBOWのオーチャードグラス

先月20日の記事に書いたように、
OXBOWのオーチャードグラスを購入し、
らっちゃんに与えてみました。

その結果は…
食べませんでした…ORZ

正確には、最初だけ少し食べていました。
でもその後は食べた気配なし。うーん…。

らっちゃんはどちらかというと柔らかい牧草が
好みなので、気に入ってくれるかなあと期待
したんですけどね。

食べてくれなかったけど、オーチャードグラスは
柔らかいので床材に降格しようかと考えました。
ただ、柔らかいのはいいんですが、どうも手触りが
ザラザラ、チクチクして、床材として良いとは言えない
ような気がします。触っていると、たまにトゲ(?)が
指に刺さることもあって(目に見えないくらい小さいです)、
モルの足にささる可能性も無きにしもあらず…。

この牧草、どうしよう。捨てるのはもったいないし…。
買った牧草を思い切って捨てるということが
なかなかできない性分です。(^^;

posted by かよこ at 17:29 | モルモット | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

らっちゃん、430gになりました

2015年を迎えて、さっそく昨日、つまり元旦に
モルモットの体重測定をしました。

morumotto_rasuku9.jpg

430gになっていました!(画像では429と出てますが)。

最近の体重推移です。

12/11(木) 367g
12/18(木) 386g
12/26(金) 391g
01/01(木) 430g

太字の部分に注目してください。
先月の26日の測定時、体重がたった5gしか増えて
いませんでした。

非常に心配しました…。落ち込んで、どんどん悪い方向に
考えてしまい、らっちゃんはもう長くないのではないかとまで
思いつめて、わんわん泣いていました…。
(かなりネガティブな私…)。

ところが、きのうの測定結果に目を疑いました。
39gも増えているじゃありませんか!

この極端な体重変化はどういうことか…。
ペレットの量を増やしたり、野菜も少し多めに
したせいかな?
それに、らっちゃんは以前より食欲が旺盛で
午前中も長い時間起きて食べているからなあ。

39gは増えすぎじゃないのかという思いはありつつも、
しっかり体重が増えていて本当に安心しました。

昨年10月、お迎えしたばかりの頃はとても小さくて、
ちゃんと育つのか心配していたけれど、こうして無事に
らっちゃんと新年を迎えることができ、本当に
ありがたいと思っています。らっちゃんに感謝です。

posted by かよこ at 14:31 | モルモット | 更新情報をチェックする