2014年03月30日

婦人科の血液検査の結果

20日に採血をし、2日前の28日に婦人科で結果を
聞いてきました。前回の結果とあわせて載せます。

☆前回(1月6日) ※カッコ内は基準値

・ヘモグロビン… 12.2(12〜16)
・CA125 … 356(0〜35)
・CA19-9 …142.5(0〜37)
・CEA   …1.3(0〜5)

☆今回(3月20日)

・ヘモグロビン… 11.3(12〜16)
・CA125 … 42.2(0〜35)
・CA19-9 …36.7(0〜37)
・CEA   …0.9(0〜5)

CA125が356 → 42.2、CA19-9が142.5 → 36.7
と大幅に下がっていました!やった!

前回の1月6日は生理中、今回の3月20日は生理ではなかった
ので、前回の異常値はやっぱり生理のせいだったのかも。
婦人科の先生は「生理中でも、それほど高くはならないんです
けどね」と言っていたけど。

とにかく、婦人科の先生も驚くほどの改善ぶりでした。

これで婦人科の通院からは解放されるかと思いきや、今後も
腫れた卵巣(3cmほど)の経過観察は必要だそうです…。
次は半年後です。(先生は最初3、4か月後にと言ったけど、
できるだけ通いたくないので半年後に変えてもらいました)。

まあ、卵巣の件はいいとして…。一つ、問題が。

2月に同病院の内科で検査を受けて(造影剤ありCTと
胃カメラと検便)、その結果が当然婦人科にも
報告されていました。

私「内科での検査で特に異常は見つからなかったんですが」
先生「でも、乳腺に…」
私「あっ!!」

言われるまで忘れていました、胸のしこりのこと。

先生「その後、こちらの外科にはかかってないようですね。
別の病院へ行くと言われたようですが、受診したんですか」
私「いいえ、行っていません。しこり、数年前からほったらかしで」
先生「ちゃんと受診した方がいいですよ」
私「でも…長年何の変化もないんだから、良性のしこりの可能性
が高いですよね」
先生「自己判断で決めつけるのは危険です」

その後もちょっと叱られました…。確かに先生のおっしゃる通り
なんですが…うーん…。やっぱりマンモグラフィーが嫌なんです。

今回は穏やかに叱られましたが、次に婦人科で受診した時、
まだ乳腺外科へ行っていなかったら、今度は真剣に怒られる
かもしれません。

乳腺外科へ行くべきか…悩みます。婦人科の受診もやめようかと
思っていて…。だって卵巣が腫れていると言われても、何の痛みも
ないし、生理は普通だし…。

じっくり考えます。(でも就職活動、新しい仕事のことで頭が
いっぱいになって、そのうち忘れてしまいそう…)。

posted by かよこ at 22:10 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

CTの結果 消化器には問題ないけれど

CT(造影剤あり)の結果を、7日(金)に聞いてきました。

タイトル通り、消化器には何の異常も見当たらないと。でも…

一つ問題が見つかってしまったんです…。

CTの画像の胸の部分に白い影が。それはしこりです。
しかも両方の胸にある。

それを聞いて、「えっ?」ではなく、「バレてしまった…」
という気持ちでした。やはり指摘されてしまった。

胸のしこりは、数年前から気づいていました。
左胸のしこりは丸くて、真ん中あたりにあります。
気づいたのは2005年。2006年に他の病院の
女性外来を受診し、エコーとマンモグラフィーを受けて、
良性のしこりと言われました。乳腺症であると。

右胸のしこりは、胸の外側上部にあり、縦長で左胸の
しこりよりも大きい。その存在に気付いたのは
2007年ごろ。でも、病院には行かずに放置して、
いつのまにか7年も経っています。

そのことを内科医に説明。外科で調べてもらうように
言われました。が、私は同病院でみてもらうのではなく、
2006年に受診した、女性外来のある病院に行きたいと
主張。それでもいいと言われました。

とりあえず、3月に再び婦人科で血液検査を受ける
予定なので、それから考えると伝えました。

…でも、本音を言うと、外科(乳腺外科)には行きたく
ないんです…。

その理由。マンモグラフィーが嫌だから。
だってあれ、痛すぎるんですもん…。

右胸のしこりは、自分で押しても時々痛い時があります。
それをマンモグラフィーで強力に圧迫したら…
きっと激痛…怖い…怖すぎます…。

そう、マンモグラフィーが嫌で、乳腺外科の受診をためらって
いたのでした。

左のしこりは9年、右のしこりは7年放置して大丈夫
なんだから乳癌じゃないです、きっと。
乳癌ならとっくに何か症状が出ているはず。
私のしこりは長年おとなしくしてますもん。

なんとかマンモグラフィーを避けられないか。
もしくは、乳腺外科の受診自体をやめられないか。

3月に婦人科を受診する時に、婦人科の先生に聞かれると
思うので、言葉を濁して乳腺外科受診を避ける方向へもって
いけないかと考え中です…。

posted by かよこ at 19:26 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

造影剤ありのCT検査

2日前の4日に、内科でCTを受けました。去年の9月は
造影剤なしでしたが、今回は、より詳しく調べるために
造影剤ありです。

まずは点滴。処置室へ。
1月6日に点滴と採血をした時、怖くなって倒れそうになった
けれど、今回は点滴の針を刺すだけで、すぐに終わりそうだから
大丈夫だろうと思い、何も言わずに座ったら、看護師さんが…

「前、気分が悪くなりましたよね。ベッドに寝た状態のほうが
よくないですか」って。

なんと、1か月前のことなのに覚えられていた!

…「注射で具合が悪くなる人」として記憶されてしまった…
ちょっと恥ずかしい…。顔をおぼえてくれたのは嬉しいけど。

患者さんはあんなに大勢いるのに、私、印象に残ったのかなあ。
そういえばみんな、採血も注射も平気そうです。
私みたいなのは珍しいのかも…。

とにかく、私としても寝た状態で注射してもらうほうが安心
かなあと思い、ご厚意に甘えてベッドに横になりました。
注射の瞬間は見ないようにしたけど、やっぱり痛かった。

そしてCTの部屋へ。
ばんざいをした状態で寝て、最初は造影剤なしで撮影。
その後、看護師さんが入ってきて、点滴に造影剤注入。
少したって、頭からお尻までが、かーっと熱くなりました。
そして再び撮影。やっぱり造影剤ありだと時間が
かかるんですね。

これでその日の検査は終了。具合が悪くなることもなく、
よかったです。

ただ、点滴の針を刺す時もCTの時も、看護師さん達が
けっこう気をつかってくれているのが分かり、ありがたいと
同時に、ちょっと申し訳なかったです。
メンタル面が弱い人として認識されたかも(実際そうだし)。

結果は明日、2月7日(金)に聞きます。
異常が見つかりませんように…。

posted by かよこ at 16:01 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

内科受診と胃カメラ

婦人科での血液検査でひっかかり(腫瘍マーカーが異常値)、
今度は同病院の内科を受診しました。

1月30日(木)に厚生病院の内科へ。
胃カメラと検便(2日分)をすることになりました。

先に結果から書きます。

・胃カメラ…食道、胃、十二指腸、異常なし
・検便…異常なし(便潜血、陰性)


胃カメラをしたのは1月31日(金)。私は朝一番の9時開始でした。

この検査を初めて受けたのは10年前の2004年。
内視鏡の管を入れる時に苦しかった記憶があり、
「胃カメラをしましょう」と言われた時は憂うつになりました…。

で、10年ぶりに受けた胃カメラ、やっぱり苦しかったです…。

まずは、胃の泡を消すためにコップ一杯の液体を飲みます。
味はスポーツ飲料に似ているけれど、おいしくない…
できるだけ味わわずに飲みました。

それから、喉に麻酔をかけるためゼリー状の薬を入れて
もらいます。
これを5分ほど喉にためなくちゃいけないんですが、2分くらいで
気持ち悪くなって吐き出しました。10年前もこの薬が苦手で、
すぐに飲み込んでしまい、むせてしまったのでした。
今回は前日に、お茶を喉にためる練習をしていたんですが、
あまり効果がなかったようです…。

看護師さんに、「喉がしびれた感覚がありますか?」と
聞かれて、「いいえ」と答えると、スプレーの麻酔を喉に
してくれました。今度はすぐに口の中がしびれてきました。

それから、胃の動きを止めるために肩に注射をします。

そしてついに、胃カメラです。ここまでが長いですね。
コップ一杯の液体→喉の麻酔→肩に注射、と。

ベッドに横になり、口にマウスピース(?)をはめられ、持参
したタオルを巻き、頭の横には唾液が流れたときの為の
受け皿が置かれました。

先生が手にした内視鏡の管を見て、ぎょっとしました。
直径が1cm以上ありそうな太い管…怖い…。

管が喉を通る時、案の定、ウッと吐き気が。これがまた
苦しいんですよね…。しかも先生が、「あれ、入らない」って。
焦りました。看護師さんが「力を抜いてくださいね」と言い、
その通りにできたのかどうか分からないけど、先生が
「あ、入った」と。結局、検査中、4回ほどウッときました。
涙目にはなったけど、唾液はほとんど出ませんでした。

検査を終えてすぐに先生から説明が。何も問題なしとのこと。

その後、検便2日分を提出し、今日2月3日の診察で、
検便も異常なしとのことでした。

胃カメラも検便でも何の異常も見つからず、これでやっと
検査から解放されると思いきや…

今度は造影剤ありのCTを明日することになりました…。

一体いつまで検査が続くのか。
「もう検査はいいです」と言いたいけれど言えない私。
今度こそ最後であることを期待しつつ、明日また病院へ
行きます…とほほ…。

posted by かよこ at 20:40 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

MRIと血液検査の結果

きのう、厚生病院の婦人科へ行って、6日に受けた検査の
結果を聞いてきました。
骨盤MRIと血液検査(貧血と腫瘍マーカー)です。

●骨盤MRI(2回目)

前回に比べて左卵巣の腫れが少しおさまり、小さくなっている。
前回は4cmほどだったのが、今回は3cmほどに。

●血液検査 ※カッコ内は基準値

・ヘモグロビン… 12.2(12〜16)
・CA125 … 356(0〜35)
・CA19-9 …142.5(0〜37)
・CEA   …1.3(0〜5)

MRIに関して、前回より卵巣が小さくなっているということで、
特に問題はないということでした。これにはほっとしました。


血液検査に関して、まずはヘモグロビンが12.2にビックリ!
前回は11.1だったから、さらに良くなっています。信じられない…。
だってその時は生理5日目で、絶対ヘモグロビン値が落ちていると
思ったから。生理後は体がだるくてだるくて、寝てばかりいたんです。
なのに貧血が改善されているなんて…どうしてだろう…
ちっとも良くなった感じがしないんだけど…。

次に腫瘍マーカーのこと。これは大いに問題ありでした。
CEAは正常だったけど、CA125とCA19-9がやけに高い…。
ちなみにCA19-9は、去年9月に内科で検査した時は23.4で
正常だったんです。

CA125が高いのはやっぱり生理中だったからじゃないかなあ。
CA19-9も生理のせいでは…ないのかな。よく分からない…。

婦人科の先生の話では、MRIを見る限り子宮や卵巣には特に
問題なしなので、腫瘍マーカーが高いのは他の病気の可能性が
あるということで、内科を受診するように言われました。
それから、3月に再び婦人科で血液検査をすることになりました。


ここまでの経緯をまとめておきます。

☆2013年

9月25日…精神科クリニックで貧血悪化が判明
9月26日…内科でCTと血液検査。右卵巣の腫れ発見
9月27日…婦人科で問診、鉄剤28日分の処方
10月25日…1回目の骨盤MRI。左卵巣の腫れ発見。貧血改善。

☆2014年

1月6日…婦人科で2回目骨盤MRIと血液検査。
1月17日…婦人科で結果を聞く。腫瘍マーカーが異常値


当初の問題だった貧血が改善されたんだから(体調は相変わらず
良くないけど)、もういいんじゃないかなあ…ってダメか…。
内科と婦人科を行ったり来たり。うーん面倒くさい…いやいや、
ここはちゃんと調べてもらわないとね。

というわけで、次はまた同病院の内科を受診します。

posted by かよこ at 21:19 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

2回目の骨盤MRI

きのう6日、血液検査とMRIを受けてきました。
去年の10月にMRIを受けた時は造影剤なしでしたが、
今回は造影剤ありでした。

検査を受けて、もうグッタリしてしまいました…。いえ、MRIは
別になんともなかったんですが、その前の血液検査と点滴が…。

きのうの出来事を最初から書きます。
病院へはお昼頃に到着。MRIの前に採血と点滴をするという
ことで、まずは処置室へ。

点滴用の針を用意する看護師さん。見ると普通の注射針よりも太い。
私の腕の血管が細いせいか、看護師さんが腕の血管を
ペチペチ叩きます。なかなか血管が出てこない。
さらにペチペチペチペチ。ずーっと叩かれました…。

やっと針を刺す段階へ。ちょっと痛い…。その後採血用の
注射器を点滴用の針につないで採血。かなりの量を取られました。
その後、点滴をつなぎますが、その前に腕にさした部分から
じわっと出血して腕に広がって…。

それまでなんとか耐えていましたが、もうこの時点でダメでした。
私、注射が怖いし血を見るのも怖い。血を抜かれるのも怖いんです。

恐怖からすうっと顔から血の気が引くのを感じ、目の前が白く
なってきました。このままいくと倒れてしまう。そう思いつつ、
その後の問診(「心臓のペースメーカーは入れてませんか?」等)
に答えていたら、看護師さんが、
「どんどん顔が真っ青になってきてますけど大丈夫ですか!?」と。
「ええ、あの、注射が苦手で…」

それから、看護師さん二人に腕を取られてベッドに横になり
しばらく休ませてもらったのでした。

…うーんなさけないですね。注射と採血で怖くなり失神しそうに
なるなんて。

その後のMRIは順調でした。点滴をしたまま筒の中に入り
MRIスタート。ずいぶん時間が経ってから看護師さんが
入ってきて、造影剤を注入。ネットで体験談を見ると、体が
かっと熱くなるとありますが、私は逆に、腕のあたりが
すっと冷える感覚がありました。それ以外は違和感は
全くなしでした。

結果は後日聞くことになっています。

でもきのうは実は生理5日目。もう終盤で量も少なかったけど、
生理中は腫瘍マーカーの値が高くなりがちとか。看護師さんから
何も聞かれなかったから言いませんでしたが、伝えておいた
ほうがよかったのかな。
ま、少なくとも、血液検査はまたヘモグロビン値が低いと思います。
だって生理中だったからね…。

去年9月のCT、去年10月のMRIの時はどちらも生理直前で、
今回は初めて生理中だったんですよね。

とにかく、MRIよりも注射と採血のほうが強烈に印象に残った
一日でした。帰宅後は動く気力がほとんどありませんでした。

ああ、注射と採血は何度経験しても慣れないなあ(泣)。

posted by かよこ at 20:35 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

卵巣チョコレート嚢胞と言われたけれど

婦人科で、左卵巣の腫れは「チョコレート嚢胞」と言われましたが、
率直に言うと半信半疑です。
子宮と卵巣の病気の本を買って読み、ネットでもこの病気について
調べましたが、症状が何一つ当てはまらないんです。

・月経痛 … 昔から生理痛は軽め
・排便痛 … なし
・腰痛、骨盤痛…なし
・性交痛…そもそも性経験がないので分からない(^^;
・不妊 …未婚の為これも分からない

特に月経痛は顕著な症状らしいけれど、生理痛で悩んだことは
ほとんどなく、初日か2日目にだけ下腹部に重苦しいような鈍痛が
ある程度。昔から痛みは軽いほうで、最近特に痛みが強くなった
こともありません。

ついでに、経血の量について。人と比べる方法がないので
なんとも言えませんが、昼間でも夜用ナプキンが必要という
わけでもなく、昼用で十分間に合います。2日目が多いかなと
思うけど、下着や布団を汚すようなことは皆無です。
ただ、2日目にかたまりが出ることがあり、「かたまりが出るのは
量が多いということ」と読んだことがあるので、婦人科の問診票
には「多い」に丸をつけました。

ちなみに、完ぺきではないとはいえ、ナチュラルハイジーンを
それなりに頑張って実践した頃は、量も減って痛みもゼロに
なったのですが、その後食事内容が以前とほとんど変わらなくなり、
お菓子もしっかり食べるようになってしまって、生理痛も復活、
量もまた実践前に戻ってしまいました。
(でも、グリーンスムージーと玄米ごはんだけは続行中です)

というわけで、とても子宮内膜症とは思えません。
(チョコレート嚢胞は、卵巣にできた子宮内膜症)

来年1月のMRIと血液検査で、卵巣の腫れは結局は一時的な
腫れだったとなるんじゃないかなあと期待しています。

posted by かよこ at 22:31 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

婦人科から突然の電話

一週間前の10月25日、厚生病院の婦人科でMRIを受けて、
左卵巣の腫れ(チョコレート嚢腫?)と子宮のポリープが
見つかったものの、特に治療の必要はなく、半年後の
受診でいいと言われた私。

ひとまず安心と思っていたら、ひやりとする出来事が…。

今日の午前中、11時少し前のこと。ベッドでうとうとしていたら
(まだ寝てました)、携帯に電話が。見知らぬ番号が表示され、
誰だろうと出てみると、「厚生病院の婦人科の○○です」と。
なんと、先週行ってきたばかりの婦人科の看護師さんでした。

…ぼんやりした頭でも、「何事っ!?」と思い身構えました。
だって病院から突然の電話って、悪い知らせとしか
考えられないじゃないですか…。

「半年後に受診してほしいとお話ししたんですが、
3か月後に来てもらいたいんです。では、先生にかわりますね」

今度は男性の声が。婦人科の先生です。

先生の語る内容はこうでした。

半年後では、卵巣の腫れがひどくなってしまうと大変だから、
3か月後にもう一度検査しましょう、と。今度は血液検査で
腫瘍マーカーを見て、MRIもします、と。

どうやら、念のために詳しく調べるということらしいです。
前回のMRI画像を見直して悪いものが見つかったわけじゃ
なかったようで…ほっとしました。

お医者さんは、診察が終わればもう患者さんのことを
気にしないのかと思っていました。でも、わざわざ電話して
くれたということは、「やっぱりあの患者さん、もっとよく
調べておいた方がいいかもしれない」と後で考えてくれたって
ことですよね、万が一のことを心配して。少なくとも私はそう
解釈しました。

気にかけてくれたんだなあと思ったら、心が少しじんと来ました。
あの先生、案外いい人(←失礼(^^;)なのかもしれません。
あと、お医者さんと電話で話したのも初めてで新鮮でした。

というわけで、次の婦人科受診は来年1月に決定しました。

腫瘍マーカーか…。たぶん卵巣がんの可能性を調べるため、
CA125とかCA602だと思うけど…。卵巣の病気の中では
やっぱり卵巣がんが一番怖いようです。

うーん、まだまだ卵巣のことは安心しきれないようです…。
来年1月の検査で、いい結果が出ればいいなあ。

posted by かよこ at 22:09 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

骨盤MRIの結果

先月の終わり頃、地元の厚生病院でCTを受け、右の卵巣の
腫れが見つかった私。詳しく調べるため、きのう10月25日
婦人科で骨盤MRIを受けました。人生初のMRIです。

午前中の予約時間前に行くとすぐに案内されて、検査用の服に
着替えてMRIの機械へ。造影剤はなしでした。

ヘッドフォンをされ、緊急時用の呼び出しブザーを持って、スタート。
ビービービーガーガーガー、ビッビッビッなど、ヘッドフォンを
していてもけっこうな音がします(でも耐えられないほどではない)。
CTのように息を止める必要もなく、筒の中で寝ているだけなので
楽でした。20分ほどで検査終了。

その後、採血。毎回のことながら採血は苦手です…。

それから婦人科の待合室で待つこと約1時間10分。
やっと呼ばれて中へ入り、説明を受けました。

まず、血液検査。なんと、ヘモグロビンが11.1まで回復!
鉄剤のフェロミア、まだ1か月ほどしかのんでいないのに。

ヘモグロビン値と血清鉄の変化をまとめると…

9月10日…ヘモグロビン7.6、鉄9
9月26日…8.3、鉄16
10月25日…11.1、鉄45

そのあと、MRIの結果発表。これがまた「??」でした。
右の卵巣の腫れはおさまっていたけれど、今度は左の卵巣が
腫れているのだとか。ええっ!?
前回の右の卵巣の腫れは3〜4cm。今回の左の卵巣の腫れも
3〜4cmでした。画像を見ると、確かに丸く腫れています。

婦人科の先生の診断はチョコレート嚢腫。卵巣嚢腫とは
違うものらしいです。

私の場合、特に問題のあるものではなく、生理周期に伴う腫れ、
具体的には排卵の関係で腫れているのではないかと。
左の卵巣に多少水がたまっているけれど、それも特に問題なし。
卵巣からの出血も認められず。
結局、経過観察でよいということになりました。

あと、気になっていた子宮の様子を聞いてみました。
生理の初日や2日目にレバー状のかたまりが出るので、
子宮筋腫ではないかと心配していたんです。

子宮のMRI画像を見せてもらうと、子宮の内側にぽこっと
小さなイボのようなものが。でも、子宮筋腫ではなくポリープで、
問題ないそうです。

貧血がかなり改善されているということで、鉄剤の処方はなし。
次は半年後、暖かくなった頃に受診すればよいとのこと。
でももし、生理の出血量が急に増えるなど異常があれば
受診してください、と。
貧血については、どこかで時々血液検査を受けて
確認したほうがよい、とも。

ふ〜、子宮も元気だし、卵巣の腫れもそんなに気にしなくても
いいみたいで安心しました。「癌です」とか言われなくてよかった。

ただ、鉄剤をのむのをたった1か月でやめてよかったのかな。
婦人科の先生は「増えすぎると逆によくない」と言っていたけれど、
貧血は改善されたとはいえ、基準値の最低ラインだし、やめたら
また貧血になりそうな気が。

最後に、MRI画像をコピーしたCD-Rをいただいて(と言っても
ちゃんとお金を払いました。500円くらい)、帰宅しました。

posted by かよこ at 15:17 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

婦人体温計を購入

婦人体温計と、記録をつけるノートを買いました。

婦人体温計とノート

私が選んだのは、テルモの「Woman℃」(ウーマンドシー)。
20秒で測定出来て、480日間記録を保存できるというもの。
データをパソコンに転送できるタイプもあるらしいけど、
周辺機器が必要らしいので、そちらはやめました。
地道にノートに体温を記録しようと思います。

これから定期的に婦人科に通うことになりそうだし、
基礎体温をつけることが体調管理に役に立ちそうなので、
やってみることにしました。

グラフは、低温期と高温期にわかれた理想の形を
描くのか。それともバラバラなのか。ちょっと楽しみです。

しかし、飽きっぽい私、どこまで続けられるかなあ。

posted by かよこ at 17:22 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。