2014年09月06日

仕事をやめて思うこと

学童保育指導員の仕事が最悪だったと書きましたが、良かったことも
少しはあったので書いておきます。といっても9割は嫌なことで、良い事は
1割あったかどうかですが。今も子供にされて嫌だったことを頻繁に
思い出してはムカムカします。

その数少ないよかったことはまず、10人の子供たちのうち1人だけは
確かな信頼関係が築けたこと。その子は小3男子で、最初は私を
よく殴ったり反抗的だったけど、ゲームの話をしたり、いろいろと
関わっていくうちに、ほとんど話してくれなかったその子が、素直に
いろいろな話をしてくれるようになり、私への態度が柔らかくなって
きました。そしていつしか、その子に対しては他の子と違う感覚が
心に芽生えていてハッとしました。それは相手を信じる気持ち、信頼の
感情でした。また、その小3の子も私を信じてくれていることが
わかりました。「この人は自分を受け入れてくれる存在だ」、そんな
思いを私に持ってくれたのでした。お互いに信じあえる関係を
築くことができた。それは素晴らしい事でした。

こんなことがありました。私が、男子二人の喧嘩の仲裁に入ろう
としたら、その子が引っ張って行くのを止めようとします。
「やめときな」とその子。
「どうして?」
「あんたが怪我をする」
「…ありがとう。でも相手の子が怪我をするかもしれないから
止めなくちゃいけないの」

その子は私が怪我をするんじゃないかと心配して、止めてくれた
のでした。感動して、あとでひっそりと泣きました…。

また、その子は私に「この人がいればいい」とさえ言ってくれたことも
あります。

その小3の男の子のことが一番印象に残っていますが、他にも
小4男子2人がけっこう落ち着いた子達で、一人は本当に一度も
暴力、暴言がない子だったし、もう一人は性格が穏やかで
一緒にいて落ち着ける子でした。その3人だけだったら学童の
仕事もずっと続けられたんですが…そんなの無理ですね。

態度の悪い子が多い学童だったけど、子供らしく甘えて膝の上に
座ってきたり、おんぶや抱っこをせがんだり、そういう時は
可愛かったかなあ。

信頼関係を築けた小3の男の子に対しては、突然やめてしまって
申し訳なく思っています…。

学童の仕事を始めた理由はいくつかあるけれど、その一つは、
クリニックの主治医がくれた優しさを子供にも伝えたかったから、
でした。主治医が本当の思いやりの心をくれたおかげで、
私はやっと、本当の愛が何なのか少しは分かるようになった。
思いやりや愛を主治医だけに返すのではなくて、他の人達、
特に愛情を必要としている子供たちにあげたいと思った。

そんな理想を持って、子供たちには優しく丁寧に接するよう
いつも心がけてきました。なのに、返ってきたのは暴力に暴言等、
ひどい態度がほとんど。
子供に優しくしたからこちらにも優しくしてほしいとまでは
言わないけれど、せめて普通に接してほしかったです。

まあでも、その小3の男の子にだけは私のそんな心が通じて
信頼関係が築けたのかもしれません。しかし、10人のうち
たった1人だけ。いや、1人だけでも思いが通じてよかったと
考えるべきでしょうか…。

その子のことは好きになったから、もっと交流して優しさや愛を
伝えたかったなあ…。きっと心の通い合うあたたかい関係を
築けていけたと思います。

嬉しいことより辛いことや嫌なことが圧倒的に多かったため、
耐えられなくなってやめてしまった今回の仕事。
姪のおかげで子供が好きになったのに、今回の経験のせいで
子供へのイメージが悪化…いや、良い子もいるにはいるけど。
少なくとも、子供がみんな可愛らしい存在ではないと痛感
しました…。

posted by かよこ at 13:41 | 仕事 | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

学童の指導員を辞めました…

学童保育の指導員を8月いっぱいでやめました…
4月10日から8月31日まで、約5か月の勤務でした。

本当にひどい目に遭いました。
これまで経験した仕事の中でも最悪レベルです。
思い出すと怒りがこみあげてきます。

指導員さんたちは良い方達で恵まれていましたが、子供達が
ひどすぎる。落ち着いた子もいたけれど少数で、ほとんどは
口と態度の悪い子達。私が受けた仕打ちを書くと…

あさができるほどグーで殴られたり木の棒で殴られる等の暴力、
勝手にかばんを開けられ中の物を隠される、傘を川に流されて
遊び道具にされる、胸を触られたりつかまれたり、ズボンを
引っ張って下着を見られたりのセクハラ行為、そして一番
多いのが暴言。言葉づかいの悪さは天下一品で、ありと
あらゆる暴言を吐かれました。

そして、人を見下し馬鹿にした態度。
私を嫌っている小1女子(一度真剣に注意をしてから、
態度が特に悪くなった)が一番ひどかったです。

学校へ迎えに行くと、「嫌い」と言いながら学童の建物へ
駆け込み、鍵をかけて私を締め出す。
またあるときには、外遊びの時に「もう帰る時間だよ」と
建物の中に戻るようにうながすと、「ばーか」を吐き捨てるように
連呼しながら建物へ入り、またしても鍵をかけて私を入らせない。
…書いているだけで腹が立ってきます。

最初はこの女子一人だけでしたが、他の小1女子も真似して
私を馬鹿にするようになりました。それが苦痛で仕方ありません
でした。

その小1女子も嫌いでしたが、同じくらい嫌いだったのが小2男子。
セクハラをよくしてきた子です。子供なのにすでにガラが悪い。
怒った時はチンピラという表現がぴったりなほど、態度も言葉も
非常に悪い。私だけでなく他の子への暴力、暴言がひどかった。

攻撃的で反抗的、気が荒い。わがまま放題、やりたい放題。
女子達は時々階段の踊り場に集まって、指導員への不満や
悪口を大声で言い合う。

あんな子供達、もう嫌です。
もう心がすさみかけていました。あんなところにずっといたら私の心も
歪んでしまいます。
学童保育があんなところなら、私に子供がいたら絶対に預けません。

結局、この仕事で得たのは多大なストレスと少ないお給料。
学童の指導員は二度とやりたくないです。

posted by かよこ at 21:55 | 仕事 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。