2013年10月26日

骨盤MRIの結果

先月の終わり頃、地元の厚生病院でCTを受け、右の卵巣の
腫れが見つかった私。詳しく調べるため、きのう10月25日
婦人科で骨盤MRIを受けました。人生初のMRIです。

午前中の予約時間前に行くとすぐに案内されて、検査用の服に
着替えてMRIの機械へ。造影剤はなしでした。

ヘッドフォンをされ、緊急時用の呼び出しブザーを持って、スタート。
ビービービーガーガーガー、ビッビッビッなど、ヘッドフォンを
していてもけっこうな音がします(でも耐えられないほどではない)。
CTのように息を止める必要もなく、筒の中で寝ているだけなので
楽でした。20分ほどで検査終了。

その後、採血。毎回のことながら採血は苦手です…。

それから婦人科の待合室で待つこと約1時間10分。
やっと呼ばれて中へ入り、説明を受けました。

まず、血液検査。なんと、ヘモグロビンが11.1まで回復!
鉄剤のフェロミア、まだ1か月ほどしかのんでいないのに。

ヘモグロビン値と血清鉄の変化をまとめると…

9月10日…ヘモグロビン7.6、鉄9
9月26日…8.3、鉄16
10月25日…11.1、鉄45

そのあと、MRIの結果発表。これがまた「??」でした。
右の卵巣の腫れはおさまっていたけれど、今度は左の卵巣が
腫れているのだとか。ええっ!?
前回の右の卵巣の腫れは3〜4cm。今回の左の卵巣の腫れも
3〜4cmでした。画像を見ると、確かに丸く腫れています。

婦人科の先生の診断はチョコレート嚢腫。卵巣嚢腫とは
違うものらしいです。

私の場合、特に問題のあるものではなく、生理周期に伴う腫れ、
具体的には排卵の関係で腫れているのではないかと。
左の卵巣に多少水がたまっているけれど、それも特に問題なし。
卵巣からの出血も認められず。
結局、経過観察でよいということになりました。

あと、気になっていた子宮の様子を聞いてみました。
生理の初日や2日目にレバー状のかたまりが出るので、
子宮筋腫ではないかと心配していたんです。

子宮のMRI画像を見せてもらうと、子宮の内側にぽこっと
小さなイボのようなものが。でも、子宮筋腫ではなくポリープで、
問題ないそうです。

貧血がかなり改善されているということで、鉄剤の処方はなし。
次は半年後、暖かくなった頃に受診すればよいとのこと。
でももし、生理の出血量が急に増えるなど異常があれば
受診してください、と。
貧血については、どこかで時々血液検査を受けて
確認したほうがよい、とも。

ふ〜、子宮も元気だし、卵巣の腫れもそんなに気にしなくても
いいみたいで安心しました。「癌です」とか言われなくてよかった。

ただ、鉄剤をのむのをたった1か月でやめてよかったのかな。
婦人科の先生は「増えすぎると逆によくない」と言っていたけれど、
貧血は改善されたとはいえ、基準値の最低ラインだし、やめたら
また貧血になりそうな気が。

最後に、MRI画像をコピーしたCD-Rをいただいて(と言っても
ちゃんとお金を払いました。500円くらい)、帰宅しました。

posted by かよこ at 15:17 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

初診から2週間後

【精神不安定を克服するまで 9 】

初診から2週間たち、3回目の診察が2010年3月15日でした。

メイラックスがなくなったことで、ひどい眠気は消え、
ジェイゾロフトとデパスによる副作用もあまりないことを
先生に報告(副作用は少し頭がぼんやりする程度)。

この日から約1年間、自分で勝手に薬をやめてしまうまで、
ジェイゾロフトとデパスをのみつづけたのでした。

この日のことはその程度しか覚えておらず…。
3年半もたつとだめですね。もっと前に書いておくんだった。

ただ、主治医に会うまでは、元気になりたいという意欲すら
なくしかけていたのに、クリニックに通い出してからは
元気になりたいという気持ちが出て、自宅に庭で体を
動かしたりしていました。中国武術を習ってみたいと思い始めた
のもこの頃でした。

当時の会話はあまり覚えていないけれど、初診時から先生が
かなり気をつかってくれていたのはよく覚えています。

人に気を使うと、文字通り「気」を消費するんです。当時、先生の
気が流れているのを私ははっきり感じていました。そして、丁寧に
接するように心がけてくれていることも。

先生にあんなに気をつかわせてしまったのは、初診の時に、
「最近は自殺も頭をよぎります」と話してしまったせいかも
しれません。「こんな調子なら生きていても仕方がない。将来に
何の希望もない」という絶望が心に広がり始めていました。でも、
頭で考えるだけで、実行に移す気持ちは全くありませんでした。

さて、次の診察は2週間後に決まりました。
その4回目の受診日が運命の日と言っても過言ではないほど、
その後の私の心を激変させるきっかけになったのです。

posted by かよこ at 18:43 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

婦人体温計を購入

婦人体温計と、記録をつけるノートを買いました。

婦人体温計とノート

私が選んだのは、テルモの「Woman℃」(ウーマンドシー)。
20秒で測定出来て、480日間記録を保存できるというもの。
データをパソコンに転送できるタイプもあるらしいけど、
周辺機器が必要らしいので、そちらはやめました。
地道にノートに体温を記録しようと思います。

これから定期的に婦人科に通うことになりそうだし、
基礎体温をつけることが体調管理に役に立ちそうなので、
やってみることにしました。

グラフは、低温期と高温期にわかれた理想の形を
描くのか。それともバラバラなのか。ちょっと楽しみです。

しかし、飽きっぽい私、どこまで続けられるかなあ。

posted by かよこ at 17:22 | 心以外の病気 | 更新情報をチェックする