2012年11月27日

収入の一割を寄付しよう

自己啓発、開運、精神世界、人生哲学等について学ぶのが
好きな私。これまで読んだ本やネットでの情報で時々見かける
のが、「収入の一割を寄付すると良い」という考え方。
寄付は開運につながる行為だそうです。

これまでお金は自分の為に使うばかりで、世の為人の為に
使うという考えがありませんでした。そこで、心をあらためて、
私も寄付をすることに決めました。

ただ、一割って…。10%、10分の1です。これ、かなりの高額
ですよね…。だって年収300万の人なら年間30万も寄付に
回すということです。(私は年収50万もいかないけど…)

「一割を寄付しよう」と書いたけど、いきなり1割は
無理なので、まずは1%くらいから始めます。

これまで、氏神様を祀る近所の神社にお賽銭を入れたり
(願掛けの為ではなく、神社のために使ってくださいという
気持ちで入れる)、スーパーの募金箱に小銭を入れたり、
あとはネットで寄付をしました。この、国連UNHCR協会という
ところです。

人は死後、守護霊に生前の行いを問われるといいます。
人を十分愛してきたか、十分学んだか、自分でも「これは善い
ことをしたなあ」と思えることをしてきたかどうか、などです。

私がこのままあの世へ行った場合…

守護霊「お金はどう使いましたか?」
私「はい、ほとんど自分のためだけに使いました」
守護霊「…………」

…となって恥ずかしい思いをします。(^^;

そういえば、5年ほど前、霊能者に視てもらった時、
これまでの私の行いについて、「特に善いことも悪いことも
していない」と言われたことがあります。

……うーん、「あなたずいぶん悪いことしてきましたね」と
言われなかっただけマシだけど、可もなく不可もなし、か…。

その時、今後はできるだけ善行を積みたいと思ったのでした。

今は収入が少ないけど、これからどんどん働いて稼いで、
寄付金も増やしていこうと思います。

posted by かよこ at 19:20 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

カウンセリング、行くんじゃなかった…

2日前、某所でカウンセリングを受けてきましたが…
行ったことを後悔しました。ひどかったです。気持ちがすっきり
するどころか、ストレスがたまってしまいました。はっきり言って、
こんなカウンセラーはイヤだ!というカウンセラーでした。

まず第一に、こちらの話をほとんど聞かない。私が何か言うと、
カウンセラーは一方的に、スピリチュアルでよく聞く話を語ります。
「すべては必然で偶然はないんですよ。だから…」と延々と語る。
「ネガティブなことを考えればネガティブなことを引き寄せます。
たとえば…」またまた長い話。

私はひたすら、うなずいたり相槌を打ったりするのみ。途中で
言いたい事があっても、話をさえぎるわけにはいかず、結局
私が言いたいことは言えないまま。1時間半くらいの間、
3分の2は相手が喋っていました。

さらに悪いことに、その人は口調がきつい。なんだかつっかかる
ような話し方です。「で、あなたは一体何がしたいの。はっきりして」
こんな感じです。まるで責め立てられているようでした。

そして、常に私よりも優位に立って、高みからものを言う感じ。
「自分は他人より優れている。立派な人間だ」という傲慢さが
感じられました。

カウンセラーが一方的に話す、私が話す内容を受容するのでは
なく「それは違うでしょう」という返し方をする、対等な立場では
なく、上から目線で接する。こんなにひどいカウンセリングは
初めてです。

ところで、カウンセリングを受けた理由について。

昔に比べて心の状態がずいぶん良くなり、苦しくなるほどの
悩みはありませんが、それでも未解決の問題があります。

親との確執、今後の生き方、仕事のこと、過去の辛かった
出来事…。

それらをカウンセリングを受けることで、もう一度しっかり
見直して整理したいと思ったからです。自分一人でも
しょっちゅう考えますが、カウンセラーさんに語ることで
思わぬ気づきがあったり、心の中もより整うのではと
考えたのでした。

本音を言うと、通院中のクリニックの主治医にそういう話を
聞いてもらいたいという気持ちがありますが、診察時間は
10分が限度。これ以上先生の時間を拘束するわけには
いきません。

話を戻して…
本当に、信じられないカウンセラーだった…カウンセリング
なのにクライアントにまともに話をさせないなんて…。

その人が最後に言った極めつきの言葉、
「あなた、来る前よりすっきりしたいい顔をされてますよ」。

…あの、私、始まってすぐに「ここに来るんじゃなかった、しまった!」
と思って、ずっと後悔してたんですけど…早く帰りたかったけど
帰りたいとは言えずに…。

またいつか、今度こそは話をよく聞いてくれる良心的な
カウンセラーさんを見つけたいです。

posted by かよこ at 19:53 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

武術再開のめどが立たない…

中国武術、5月頃から全くしていません…。

9月の記事にも書いた通り、中国人のTK先生による
岐阜の講座は3回でやめてしまったし、N先生の津の
長拳講座もやめてしまい、残るはS先生の講座のみ。
名古屋の教室へは4月に行ったのが最後で、それっきり。
今のところ籍だけは置いてもらっている状態です。

武術から遠ざかった原因は、仕事を始めたことです。

うつになってずっと無職で、武術に行くことだけが社会的
な活動でした。でも、働けるようになった途端、私の
意識は仕事をすることに集中、頭の中は
「仕事をしなくちゃ。無職の4年分を取り戻さなくちゃ」
という思いでいっぱいになりました。

今年の4月から働き出してから、仕事をこなすことで
精一杯で、武術をする意欲が起こりません…。

でも、だからといって、S先生に「教室をやめます」
とはなかなか言えなくて…。

長拳、できれば初級長拳を最後まで習いたかった。
はじめから4分の1くらいまで教わったところで
止まっていて、どうしても未練が残ります。

それに、S先生のこと。S先生は本当にいい先生
なんです。教え方が丁寧で分かりやすい。そして、
ここがもっとも重要なんですが、人柄が非常に良いんです。

S先生は外見が格好よくて素敵です。だけどそれ以上に、
内面が本当に素晴らしい。心がとても穏やかでほんわかと
温かく、荒々しさや攻撃性がありません。それでいて純粋で
きれいな心の持ち主です。

私は人の心や気持ちに敏感で、人を見る目には自信が
あるんですが、あんなに良い心を持った人は滅多に
いません。男性でああいう心の持ち主は本当に珍しいです。
心が純粋で清らかな人。女性なら美しい心の人に
会ったことがありますが、男性ではS先生が初めてです。

要するに、これは武術とは無関係な理由ですね。
S先生と会えなくなるのがあまりにも残念だからです。

たまにS先生のブログを見に行きますが、写真を拝見すると
相変わらずキラキラと輝いていらっしゃる。その輝きは先生の
心の輝きです。

後半が「S先生の心がいかに素晴らしいか」の話になって
しまったけれど、武術を続けるのか、きっぱりやめるのか、
いつかは結論を出さなければなりません。

でも、まだまだ決断できない状態が続くことでしょう…。

posted by かよこ at 21:13 | 運動 | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

クリニック受診 – 感動しました

2日前の12日、精神科クリニックへ行ってきました。

やっぱり話の中心は物産展での仕事のこと。そして、
忘れちゃいけない、主治医の先生が奥さんと共に
わざわざ物産展にお越し下さったことへのお礼を
伝えました。

それから、次の仕事(短期お歳暮アルバイト)について報告。
先生は「もう決まっとるんや。早いねえ」と驚きつつも、
良かったねと言ってくれました。最後に、物産展のお土産、
函館ラスクを渡して診察室を出てきました。

さて、感動したのはここからです。

奥さんにも物産展に来てくれたことに感謝したくて、受付で
奥さんを呼んでもらって、いろいろ話をしました。

「先生は私が働く様子を見に来てくれたんでしょうか」と、
一番気になっていたことを尋ねてみると、奥さんは、
「物産展の会場に着いた時、○○さん(私のこと)、
どこかにいるはずなんだけどなあと何度も言ってましたよ」と。
そして私と会ったあとは、奥さんと二人で、元気に働けて
いるようで良かったねと話をされていたそうです。

主治医の先生、ちゃんと私のことを気にかけてくれていたんだ。
それに、先生も奥さんも、私が元気に働いている姿を見て
喜んでくれていた…。
もうじーんとなってしまって、涙が出そうになりました。

それから「あの仕事ができるなら、どんな仕事でもできそうだね」
と二人でお話ししていたそうです。とても励まされる言葉です。

先生が物産展で「○○さん、どこかなあ」と私のことを探して
くれていたところを想像すると、嬉しくてたまりません。
本当に、私のことを考えてくれていたんですね。

しばらくはこの感動の余韻が続きそうです。

posted by かよこ at 12:56 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

次は短期お歳暮アルバイト

実はもう次の仕事が決まっています。

物産展で働いている時、次は何をしようかと就職情報誌
を見ていたら、K百貨店でお歳暮のアルバイトを募集
しているのを発見。さっそく休憩時間に庶務課へ行き
聞いてみたところ、まだ2名ほど空きがあるとのこと。
「どうします、もう決めてしまいますか。それとももう少し
考えますか」と言われ、一瞬迷ったけれど、「じゃあ、やります」
と、その場で仕事を決めてしまいました。

お歳暮アルバイトにも様々な種類があったんですが、
私が選んだのは包装作業。今度は接客ではなく
流通センターでの裏方の仕事です。

期間は11月末頃から12月20日すぎまで。
時間は9時45分から16時45分、休憩1時間で
実働6時間。週5日ペースで働きます。
物産展では1週目が9時間、2週目が7時間半の
勤務で、なかなか大変だったけれど、今回は無理の
ない勤務内容です。

引き続きK百貨店での仕事ということで、履歴書も
申込書記入も面接も必要ないとのこと。
短期の仕事を渡り歩くのはいいけど、そのたびに
履歴書を書いて面接に行くことになるわけで、その
手間が省けて良かったです。

そんなわけで、短期の仕事パート2が11月28日より
スタートします。

11月7日に物産展が終了したので、次の仕事まで
3週間もあいてしまいますが(本当は11月20日頃から
次の仕事をしたかった)、それまでは年賀状を作成する
など、するべきことをいろいろしておこうと思います。

posted by かよこ at 20:13 | 仕事 | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

物産展の美味しい食べ物

K百貨店での北海道物産展では、仕事をするだけ
ではなく、買い物もたくさんしてしまいました。

自分で購入したもの、イートインで食べたもの、
お店の人にサービスでもらったものをざっと
書き出してみると…

オムライス、かぼちゃグラタン、帆立カレー、
富良野の道産豆入り野菜カレー(イートインで食事)、
いかめし、十勝ベーグル、海鮮のり弁当、ウニおにぎり、
まぐろハンバーグ、かもだんご、函館ラスク。

以上。……って、どんだけ買ってるんだ。
これじゃあ働きに行ったんだか買い物に行ったんだか
分かりません。(^^;

それにしても、どれもみんな美味しかったですよ。
特に、物産展に来たら海鮮弁当は外せません。
お寿司が好きな私としては、海の幸がたっぷりの
お弁当は買わずにはいられないのでした。

ところが、物産展終了後、重要なことに気づきます。

私、食養生を実践中でした…。

美味しいものに囲まれる仕事は初めてで、すっかり
誘惑されて、いろいろ食べてしまいました…。ただ、
スイーツ類にはほとんど手を出さなかったのが救いでした。
立ち仕事で疲れるせいか、ごはん物にばかり目が向いて
いました。

物産展、それは魅力にあふれ、同時に食養生を
脱線させるもの…。

今はまた、玄米菜食の粗食に戻っています。

posted by かよこ at 11:10 | 食事 | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

短期アルバイト終了

10月25日から11月7日まで、2週間の短期アルバイトを
無事に終了しました。K百貨店での北海道大物産展で
食品を販売する仕事です。

14日間のうち12日の勤務、つまり週6日ペースで働きました。
仕事中は気を張っていたせいか、疲労感はさほど強くなかった
けれど、バイト終了後はどっと疲れが出て、この2日間は寝て
ばかりでした。

最初の1週間は、かぼちゃグラタン、オムライス、カレー等の
冷凍食品を扱うお店で、後半の1週間はラスクというお菓子の
お店で働きました。

どちらも行列ができるほどの人気店ではないけれど、まあまあ
繁盛していました。でも、後半のお菓子のお店の方が忙しかった
かな。

最初の1週間は、足の裏が痛くなったり、ふくらはぎがパンパンに
張ったりして少し辛かったけど、後半は立ちっぱなしに慣れたのか、
足の痛さはあまり感じませんでした。それに後半のお店では、
本来の終了時刻が午後8時のところを午後6時で終わらせて
もらえたのが有難かったです。おかげで帰宅後のんびりする
時間が取れて、体も楽でした。

人間関係で特に難しいこともなく全体的に平和に仕事が
できました。4年半前までの職場(うつになった職場)での
経験から、お客さんは怖いと思っていましたが、今回出会った
ほとんどのお客さんは感じが良く、私が電卓やら何やらを
落とした時は拾ってくれるなど、むしろ親切でした。

また、高校時代の友達や以前の職場の仲間、そして誰よりも
主治医の先生に出会えたことが良かったです。先生が来て
くれた時は本当に嬉しくて、2日間ほど余韻が残るほどでした。

でも、ちょっと待てよ…。先生は私の様子を見に来てくれたんだ
と思いこんでいたけれど、実際は先生がグルメ志向で、物産展
が好きなだけかもしれない…私は関係ないかもしれない…。
そう考えると「なあんだ」と思ってしまいますが…。
事実はどうなんだろうなあ。

さて、今回の仕事で特に思ったのは、「私、案外接客が
できるのでは?」ということ。昔の自分なら、目の前に大勢の
お客さんがいたら不安と緊張と恐怖が高まったであろうに、
今回驚くほど落ち着いて対応できました。もう、かつての私、
精神不安定で緊張しやすく、対人恐怖も少なからずあった私は
存在しない。自分の成長をしみじみ噛みしめるとともに、自信も
増したことを実感したのでした。

さあ、これで次回のクリニックでの診察では、先生に
「仕事、最後までやり遂げました」と報告できます。
先生に堂々と会える結果で本当によかったです。

posted by かよこ at 21:03 | 仕事 | 更新情報をチェックする