2012年02月29日

甲田療法のこと、最近の食事と体調

『マンガでわかる 西式甲田療法』という本の中で、著者は、
甲田光雄医師の第一印象は「禅僧」だったと書いています。
甲田医師のお写真を拝見すると、まさにお寺の住職といった
雰囲気。袈裟がよく似合いそうです。

そういえば、この西式甲田療法の本に、少食の実践は愛と
慈悲の行為だとあります。食べることは動植物の命をいただく
ことであるから、少食にすれば殺生をなるべくせずにすむ、と。
無益な殺生を戒める、まさに仏教思想です。やはり甲田療法は
食事療法という名の修行なんですね。

さて、1年と1カ月ほど前から、ナチュラル・ハイジーンの
食事法を取り入れ、この頃は甲田療法にも影響を受けている
のですが、食事内容は、多少雑多になってきていたけれど、
質素な食事は続けられていると思います。

基本的に、1日2食。これは10年以上前からで、単に起きる
時間が昼過ぎだから(夜型生活が長いんです)、昼食と夕食
のみです。昼は、まず果物とナッツを食べ、そのあと、
生野菜(グリーンスムージーかサラダ)、豆類(豆腐、納豆、
煮豆など)、イモ類(主にさつまいも)を食べます。
夕食も同様に、生野菜と豆とイモ類です(イモのかわりに
玄米かオートミールの時もあります)。

肉、魚、卵、牛乳・乳製品、炒め物や揚げ物、インスタント
食品は控えめです。これらの料理はたいてい、母が作った
もので、時々わけてもらって食べます。

ここまではいいとして、最近の悩みは、ついお菓子を食べて
しまうことです。今日もチョコレートやクッキーを食べたし、
きのうはアイスクリームと、それに久しぶりにカップ麺まで
食べてしまいました。

ナチュラル・ハイジーンを始めたばかりの頃は、お菓子の
間食は一切していなかったのに、いつからか「少しくらいなら
いいか」と思ってお菓子を食べ始めたら、間食の習慣が
復活してしまったのでした。「ちょっとなら」はダメですね。
お菓子断ちは一からやりなおしです…。

それでも、体調はずいぶんよくなりました。武術の講座を
受けに遠くまで通っても、あまり疲れなくなりました。それに、
嬉しいことに、生理痛がここ2カ月全くありません。20年くらい
前から、生理時にはお腹が少し重く、軽い腹痛もあったのが、
この頃はお腹に何の違和感もありません。そして、量も
減りました。以前の半分くらいになり、塊も出なくなりました。

あとは、とにかくお菓子をやめることです。キャンディーは
苦手ですが、チョコレート菓子が好きで…。それに、六花亭
のお菓子に目がなくて…これがまたおいしいんですよね…。

お菓子断ち、これがもっとも困難かもしれませんが、今後も
努力を続けます。

posted by かよこ at 19:57 | 食事 | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

2月12日の夕食 − やや甲田療法風

今日の夜ごはんです。

2月12日の夕食

・グリーンスムージー
(ちんげん菜、水菜、ブロッコリー、セロリ、ニンジン、リンゴ)
・豆腐
・白ごま
・焼き芋(さつまいも)

最近、西式甲田療法の本を2冊読み、感化されて、
今日はその食事法を少しまねてみました。
スムージーと豆腐、ゴマを食べ終えた時点でおなかが
いっぱいになって、焼き芋は少ししか食べられなかったけど。

甲田療法での主食は玄米ですが、私の主食は、
玄米かさつまいも、またはオートミール。
今日はさつまいもにしました。

ちなみに、購入した西式甲田療法の本は、この2冊。

★『マンガでわかる 西式甲田療法』
★『長生きしたければ朝食は抜きなさい』

少食の玄米生菜食をすすめる甲田療法と、
ナチュラル・ハイジーンの食事法には共通点が多くあります。

それにしても、どんどん食べるものが質素になる。ここまで
くると、もう「修行」のような気がします。食欲をコントロール
する修行です。

ナチュラル・ハイジーンの食事法を取り入れて1年が過ぎ、
最近は食事が大雑把になってきていましたが、甲田療法の
本を読んで、食養生を今後も続けようと、気持ちを新たに
しました。

posted by かよこ at 19:32 | 食事 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。