2011年09月29日

診察日

26日の月曜日、3週間ぶりに精神科クリニックを受診しました。
この3週間は前回の2週間より体調が良く元気があること、
食欲旺盛でちょっと太ったことを主治医に話しました。

体重が2キロほど増えて、以前よりぽっちゃりしています。
「先生、私の顔、少し丸くなったと思いませんか」と尋ねると、
「さあ、どうかな」と言われました。自分で思うほどぽっちゃり
していないのかな。

今回は先生に、今後の人生設計に関して、結婚を視野に
入れていることを話しました。そう、結婚です。

心身の状態がずいぶん改善され、いろいろ考えているうちに、
一度くらいは結婚してみたいなと最近思うようになってきました。

先生は、「結婚を考えられるほど元気になったのはいいことだね。
ただ、現状ではなかなか出会いがないでしょうね」と。
「そうですね、武術の講座も女性ばかりですし…。前のパート先は
男性が大勢いたのに、結局は彼氏もできずに終わってしまい
ました…」
先生は、「こればっかりは、縁がないとね」。

しかし、私は結婚ができるのか…難しいかもしれない。
なにしろもういい年です。そして子どもは…それはもっと
難しい。もう産める年齢のギリギリに近づいていますから。

先生に社会復帰を無事果たす姿を見せたいのに、まだ何も
先のことが決まっていない、仕事のことも結婚のことも、
焦りを感じていると話すと、先生は、今は焦らず、武術を
やりながら、少しずつ前に進んでいけたらよい、というような事を
おっしゃいました。

そうなんですけどね、でもやっぱり焦りますね…。
ああ、20代だったらまだまだ余裕があるのに、もうこの年に
なると、いろいろな面で、のんびりしていられないのでした。

今回の診察は15分ほど。いつもより雑談が長めでした。
次回の診察も3週間後です(2週間後がまた祝日にあたるため、
1週間のばしてもらいました)。

posted by かよこ at 12:50 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

S先生の長拳講座

今日は月2回の長拳講座の日。
前回に引き続き、2時間のレッスンでした。

レッスンが始まる前、S先生に話しかけられ、
「剣を買うんですよね」と言われてびっくり。

月1回の講座「シニア長拳」の講師であり、S先生の師匠
でもあるN先生が、そう言っていたのだとか。確かに、前回の
「シニア長拳」でN先生に剣を買いたいとお願いしたのでした。
お二人で私のことを話題にしてくださるなんて嬉しいです。
すっかり機嫌がよくなったところで、レッスン開始。

今日はS先生に、「お腹が出てます」と3回注意されました…3回…。
今までも何度か言われたなあ。お腹が出るということは、骨盤が
前傾しているってことかな。これを矯正するには、普段から姿勢に
注意するしかないでしょう。そんなわけで、これを書いている
現在も、お腹をひっこめています。しかし、きつい…。

レッスン終盤、型の時間は、いつものようにグループに分かれて
各自練習。先生が各グループを順番に回って指導してくれます。
私は入門長拳を黙々と練習していました。

私のグループの番が来て、先生が一言、
「○○さん(私)は、形がきれいに出来てます」と。
それもみんなに向かって。

……ほめてもらえるのは嬉しいです。ただ、みんなに向けて言うと、
視線が私に集中する。そして私は緊張する、と。(^^;

いつもより注目を浴びているような気がしつつ(自意識過剰?)、
真剣に入門長拳の習ったところまでをやりました。

ちなみに、「形がきれいですね」と言われて、嬉しいながらも同時に、
「形だけがきれいで、それ以外はダメなんだろうな」というネガ
ティブな考えが浮かんでしまったのでした。ああネガティブ…。

入門長拳、今日はかなり進みました。前回は後半の、弓歩になり、
右腕を直角に曲げて左手で右腕をおさえるところまででした。

今日習ったのは2つの動作。
一つ目。弾腿→弓歩で突きを2回、反対側を向いて突きを1回。
二つ目。両腕をぐるぐる回して、最後に右手で床を叩く(烏龍盤打)。

ついに烏龍盤打(うーろんぱんだ)まで来ましたか。もうすぐ
入門長拳が全部終わりますね。この新しく習った動きを、
レッスン終了までひたすら繰り返していました。

10月の第1木曜は、先生がトルコの世界大会に出場するため、
休講です(あ、先生に「応援してます」って言うのを忘れていました。
しまった…)。次は10月の第3木曜日、20日です。

posted by かよこ at 23:41 | 運動 | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

診察日・胸の内を語る

今日は精神科クリニックの受診日。今回は主治医に、
心情を赤裸々に語ってきました。

まず、この2週間は、前回の2週間より具合が良く、武術の
練習を自宅で多めにできたこと(週に2回のペースで練習
できた)、本を9冊ほど読んだこと(図書館で借りた本を8冊、
買った本を1冊)を伝えました。

その後、私の長い語りが始まります。

「私、最近、これから先何がしたいかをよく考えています。
第一にしたいことは、姪を大事にすることです。姪のことは
実の娘のように思っています。

私は親に大切にされたとか愛された実感が薄くて、そのことが
心に大きな悪影響を及ぼしていたことに気づきました。
物心ついた時には、私なんて生きている価値がない、他人より
人間として劣っている、人に愛される価値がない、そんな思いが
心の奥にこびりついていました。

でも姪には絶対にそんな思いはさせたくない、自分は大切に
されているんだと感じて欲しいから、できる限り、母親のように
愛情を注ぎたいと思っているんです。

大切にしたいという思いは、先生に対してもあります。
ここまで心が元気になったのは先生のおかげだから。
先生が心の傷を治してくれたおかげで、心の中が劇的に
変化して、成長することができたんです」

先生はややしんみりとした顔で、うんうんと耳を傾けてくれて
いました。

「誰かを大事にしたいという思いは素晴らしいけど、それだけじゃ
なくて、自分のことも考えなくちゃいけないよね」
「はい、もちろんそれも考えています。特に仕事のこととか…。
そうだ、先生は自分の仕事が好きですか。精神科医になって
よかったと思いますか」

と、いきなり先生に質問する私。すると先生は、

「うーんまあ、この仕事しか、したことがないからね…。
精神科医でよかったかどうかは…何科を選んでいたら
よかったかは、なんとも言えないけれど、医者になって
よかったとは思うよ」

その他、主治医には久しぶりに睡眠のことを聞かれました。
お馴染みの問いかけ、「武術には行けたんやね?」も。
(睡眠に関しては、相変わらず夜型で、朝方寝て昼過ぎに
起きています。武術講座は当然受けています)

そして、診察の最後に、いつも心にある思いを先生に伝えました。

「社会復帰を無事に果たす姿を、先生にぜひ見せたいと
思ってます」

すると先生は、「ぜひ見せてくださいね」と。

「はい、いつかきっと。……私、先生のことが大好きですから」

思わず「大好き」と言ってしまいました。といっても、
これまでも何度か、主治医には好きだと言っています。
えーと、今回で4度目だったかな。ちなみに、恋愛感情では
ありません。先生のことは人として好きなんです。

このように、今日の診察では本音をたっぷり語りました。
はっきり胸の内を明かすと、気分が爽快です。

ところで、会話の中で、親の愛情に恵まれなかったことに
ついて、また、ボロボロだったかつての私の心について
少しふれましたが、詳しく書くと長いのでやめておきます。
でも、いつかブログで記事にするかもしれません。

今日の診察時間は13分ほどでした。
翌々週は祝日が2日もあるため、大勢の患者さんで混雑する
だろうということで、次の診察は3週間後の月曜です。
3週間あくと少しさびしいけれど、しかたがないですね。

posted by かよこ at 22:25 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

S先生の長拳講座

8月第3週の受講日は、S先生の北京合宿のため休みだったので、
きのうは1ヶ月ぶりの長拳講座でした。前日北京から帰国した
ばかりであるにもかかわらず、S先生は疲れ果てている様子はなく、
普段と変わらず、元気そうでした。

休講日の振り替えが難しいため、今後3回は30分ずつ延長
することになっています。きのうは2時間みっちり練習しました。

練習はいつもの流れ通り、ストレッチ、ティートゥイ、そして型。
型は一動作、先に進みました。久しぶりに新しい動きを
教えてもらえました。

前は入門長拳後半の、足の甲をパンと叩いてから(パイジャオ)、
前へ出て弓歩、まででしたが、今回はそのあと、反対向きに
弓歩になり、右腕を直角にして、左手で押さえるところまで。

きのうは2時間だったので、いつもより型の練習に時間を
割いて、しっかり教えてもらえたと思います。

きのう特に注意されたのは、まずパイジャオ。まだ足の甲に
指先がかする程度しか届きません。その問題に加えて、
どうやら私は脚を上げた時に体が後ろへ倒れてしまうようです。
鏡で見ると、確かにそうでした。

あとは、仆歩になって、右手は拳にし、左腕は伸ばした脚に
そって伸ばすポーズで、体がじゅうぶん前に倒れていない
とのこと。それに左腕が左脚側にじゅうぶん伸びていないらしい。
体をもっと左に傾けなければいけないようです。

ところで、先生が震脚するとドシン、ズシンと響きます。
以前からその迫力に「すごいなあ」と感心していた私は、
きのうついに先生に質問してみました。

「先生が震脚すると、大きな音で響くのはどうしてですか」。
先生の回答は、どうやらハッケイ(発勁?)とか、エネルギーを
全身の中心に通す、という話だったと思います。それから、
震脚は、全体重を足にのせることで、ズシンと重みのあるものに
なるらしい。やっぱり難しそう。

それにしてもハッケイとは。中国武術で時々耳にする言葉です。
武術の奥義が潜んでいそうな響きがありますね。

震脚といえば、漫画『拳児』で、李書文が震脚したらコンクリート
の地面がへこんだという話があります。「さすがにそれはない
だろう。漫画にありがちな誇張表現だね」と考えていましたが、
先生の震脚を見ると、実際に起こりうるのではと思うように
なりました。

ちなみに、私が震脚の動作をすると、ポフッと軽い音しか
しません。私も修業を積めばいつか、ズシン!と震脚できる
ようになるんだろうか。

次の講座は2週間後。次回も2時間。それまでにできるだけ
家でも練習しようと思います。

posted by かよこ at 15:11 | 運動 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。