2011年05月30日

診察日

台風2号のため病院へ行くのは断念せざるをえないのかと
心配していたけれど、今日はいい天気。台風の影響で風は
強かったものの、久しぶりに爽やかで晴れ晴れとした日でした。

今日はいつもより30分ほど前に駅に到着。時間があるので
駅前の広場で長拳の練習。脚上げとカンフー体操2、入門長拳を
何度か繰り返しました。(人目は気にしない)

その後クリニックへ。前回の診察で、薬をスパッとやめたことを
先生に話した私。何の叱責もお説教もなかったけれど、今回
こそは説教が待っているのではないか。ちょっと気を引き締めて
診察室へ入りました。

が、先生の態度はいつもと変わらず。
「最近は何時頃に寝ていますか」「カンフーなどで出かけた時
寄り道することはありますか」など、いたって普通の問診。

そこで私、自分から切りだしてみました。

「私、勝手に薬をやめてしまったけど、先生、お説教はしないん
ですか」
「お説教はしないけど。まあやめてしまったものは仕方ないからね」
「先生は私のためを思って薬を出してくれていたんだと思います。
それを思うと心苦しかったけど、でも薬はどうしても嫌いなので…」
「好き嫌いで決めることではないでしょう。『良薬口に苦し』で、
病気を治すには飲まなくてはいけない時があるわけだから」
「ま、まあそうですね…」

…最後の先生の発言、お説教なのでは…?(^^;
うーんどうやら、『藪をつついて蛇を出す』だったようです。
いらんことを言ってしまった。ただ、うつの薬は「良薬」なのか…
うーんそうは思えないけど…。

そして、「これからも行動範囲を広げていけるといいね」と先生。
はい、私もそれを望んでいます。どんどん動けるようになりたい。

それにしても、私は薬をやめたことがかなり心にひっかかって
いるけど、主治医はそれほど気にしていない様子。私が
気にしすぎているのかな。

次の診察は、また2週間後です。
先生からは、「今後の診察は一ヶ月に一度にしましょう」とか、
「ひとまず治療は終了しましょう」との言葉はありません。
二週間に一度のままかな。ちょっとほっとしました。だって
主治医の先生に会えなくなるのはさびしいから…。

今回の診察は10分程度。薬の処方はなしです。

posted by かよこ at 21:02 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

うつの薬をやめたことについて

うつの薬を自己判断でやめている私。今日はその事に関して
もう少し思うことを書きます。

そもそも私は薬自体をあまり信用していません。薬は人工的な
化学物質なので体にとっては完全な異物です。基本的に薬は
体に毒です。

とはいえ、薬を100%否定しているわけではなく、短期間服用
するのなら大丈夫だと思っています。実際、1年ほど前、薬を
のみはじめた頃は効果を実感できて、ひどい倦怠感が少し軽く
なり、回復するための努力をしようという意欲もわき、ストレッチ
などで体を動かし始めたのでした。

ということで、うつの薬にも少し助けられたわけですが、長期間
服用するとなると話は別です。長く服用すれば、肝臓などの
臓器に負担をかけ、メリットよりもディメリットのほうが上回る
ような気がするからです。だから、できるだけ早く薬をやめた
かったのです。

でも、主治医の思いは違いました。ある程度良くなっても、薬は
飲み続けたほうがよいという考えです(ほとんどの精神科医は
そういう考えをお持ちだと思います)。診察時に、しばしば
「薬はのみ続けてくださいね」と言われていました。言葉の裏に
「自己判断で薬をやめないでね」という思いを感じました。
それほど念を押されていたにもかかわらず、やめてしまった
わけですが…。

薬のことは嫌いであまり信用できないけれど、主治医のことは
好きだし、人間的にも信頼できます。先生が私のことをしっかり
考えて、薬を処方してくれていたのだと思うので、勝手にやめる
のは心苦しかったです。でも、先生の指示に従えば、この先
年単位で薬をのむことになったでしょう。それはどうしても
嫌でした。

自分の信念に従い薬をやめて良かったと思う一方で、
主治医のことをお父さんのように慕っている私は、
「言うことをきかない患者でごめんね」という思いもあり、
なんとも複雑な心境です。

posted by かよこ at 21:49 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

カンフー講座・入門長拳

カンフー講座(正式名は「カンフーフィットネス」)へ行って
きました。第1木曜が連休中で休みだったので1ヶ月ぶりです。

今回は全部で7人。
常連の3人(入門長拳を最後まで習っている)、
習って半年の2人(入門長拳の最初の部分。私はこのグループ)、
入ったばかりの2人(カンフー体操1)。

というメンバー。最初はストレッチ、次に各種蹴りの動作。
二起脚では、両腕を回しながら跳んで足の甲を叩きます。
前はこれが出来ず、ちょっと恥ずかしかった。腕と脚がバラバラに
なってわけが分からなくなってしまって。でも、この1ヶ月、家でも
外でも練習したので、なんとか形だけはそれらしくなりました。
ただ、足の甲にはいまだ手が届かないけど。

最後は型の練習。小学生の少年と私は、入門長拳の最初の
部分まで進んでいました。弓歩で両手を頭上で交差させる
ところまでです。今日は、さらに先まで教えてもらえました。
脚をそろえてから震脚、半馬歩から弓歩になって両手を前に。
この、弓歩で両腕を前に伸ばす格好。これは…

白虎双掌打!?
(注:バーチャファイターのアキラの技。分かる人のみうなずいて
下さい。って分かる人はほとんどいないか…(^^;)

実際の名称は知らないけど、とにかく、その“白虎双掌打”の
あとは、くるっと回って拳を打ち出して歇歩(シェブー)。ここまで
です。今回習った所はちょっとだけややこしい。でもなんとか
覚えられたかな。ここまでで入門長拳の4分の1だそうです。

新しい動きを覚える時は、真剣に先生の動きを見ます。
やっぱり講座の時間内に覚えておきたいもんね。忘れちゃうと
家で練習できなくて困るから。

次回は2週間後。6月は5月の休みの分も入るので3回あります。
でも次は体調が悪い日にあたりそう…見学だけさせてもらう
ことになるかもしれません。

posted by かよこ at 23:22 | 運動 | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

余った薬

前の記事で書いたように、うつの処方薬を主治医に内緒で
ブチッとやめてしまってから3ヶ月経過。もうそろそろ薬を
処分しようかなと思っています。でも、その前に薬の
写真を残しておこうと急に思いつき、ブログに載せること
にしました。(記念に薬の写真を残すって、変?(^^;)

この1年間、処方されていた薬。

【寝る前】
ジェイゾロフト50mg …1
デパス0.5mg …1

一日に2錠だけ。私の場合、最初から薬の量が少なかった
です。うつ病の方のブログをいろいろ拝見すると、多すぎるん
じゃないかってくらい何種類も出されていて驚くことがあります。

これが、毎回薬局でもらっていた、処方薬の説明の紙。

薬局でもらう、薬の説明の紙

そして、これが薬。手のひらにのせてアップで撮影。

ジェイゾロフトとデパス

ジェイゾロフトは「ZLT 50」、デパスは「Y DP」とあります。

それから、たまってしまった薬。

たまってしまった薬

クリニックの隣の薬局では、こんなふうに1回分を1包として
出してくれていました。

今のところ、薬なしでも平気で、元気もある私。でもうつ病は
再発率が高いらしいので(しかも薬を勝手にやめると特に
高くなるらしい(^^;)、今後も気をつけなくてはいけません。

もう二度と抗うつ薬や抗不安薬のお世話にならずにすめば
いいんだけどなあ。

posted by かよこ at 19:49 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

診察日・主治医に真実を打ち明けました

大げさなタイトルにしてしまいましたが…。

実は私、処方されていた薬、ジェイゾロフト50mg1錠と
デパス0.5mg1錠を、2月13日からずっと服用していません。
主治医に無断で、です。今日の診察で、先生にそれを話しました。

(注:自己判断で薬を減らしたりやめたりすると、悪化する場合の
ほうが圧倒的に多いらしいので、私の真似はしないでください。)

2010年3月から2011年2月13日まで、つまり1年近く服用した薬。
なぜやめたのか。それは、心の問題に真剣に取り組み、運動をし、
さらに食事を徹底的に見直したことで、心身共に元気になってきた
と確信したからです。薬による一時的な回復ではなく、本当に健康を
取り戻しつつあるのだと。

どんな状態になっても自分で責任をとる、という覚悟で、薬を
やめてみたら…なんとか大丈夫でした。治療前のような、ひどい
全身倦怠感、意欲低下などの状態に戻ることはありませんでした。

ただ、離脱症状らしきものはありました。やめたその日から、
軽い頭痛がしていました。この頭痛は1週間ほどで治まりました。
それと、睡眠がかなり乱れました。こちらは長引きました。
やめた日から2〜3日は不眠状態で、2〜3時間しか眠れず。
昼夜逆転が治療開始前よりひどくなり、朝8時過ぎても目が
さえている状態。その後は少しずつ睡眠時間が長くなり、寝つきも
徐々に良くなっていきました。昼夜逆転を本気でなおそうと
努力をし、その成果が4月頃からあらわれ、今は午前3時まで
には眠りに落ち、午前中に目が覚める日が多くなっています。
(起床時間は午前9時〜11時半くらい)。

そして現在。薬をやめて3ヶ月経ちますが、かなり元気です。
どこがうつ病なの?ってくらいに。

主治医には後ろめたい気持ちがあり、なかなか真実を
語れませんでした。先生は私に薬を飲み続けることを期待
している様子で、薬をやめたいと言えば、言い争いになる
かもしれない。以前、薬を早くやめたいと話した時、
「薬を減らすことよりも考えなくてはいけないことがある
でしょう?」と言われてしまい、少しもめたのでした。
しっかり話しあうべき事なのは分かっていましたが、
先生と衝突するのを恐れて事後承諾にしてしまいました…
私の弱さゆえです…。

本当の事を話したら、先生に怒られるのでないか。
そんな勝手なことをする患者は診ない、と、見捨てられる
のではないか。かなり怖かったけど、先生の反応は、
意外にもあっさりとしたものでした。怒られもせず。
どうしてそんなことをするの?と責められもせず。

先生、「じゃあ、薬は出すのをやめますね」と。
ちょっと拍子抜けしましたが…。
でもやっぱり、先生の気分を害したのではないか。
その疑念を払拭できないのでした。

次の診察は2週間後。先生、これまでと同じように
接してくれるんだろうか。本当に怒ってない?←しつこい

今後の診察の様子も、たぶんまた報告します。

posted by かよこ at 23:03 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

[本]『うつにもいろいろあるんです。』

様々な種類のうつと、うつに伴いやすい心の病について、
症状や治療法などを簡潔にまとめてあります。

100ページ弱の薄い本で、それぞれの病気についてそれほど
詳しくは書かれていないので、うつとその周辺の病の簡易ハンド
ブックという感じ。それでも、細川貂々さんの漫画で分かりやす
く説明されているのが良いと思います。

この本、細川貂々さんの絵と漫画にひかれて、思わず本屋で
衝動買いしてしまいました。心の病の漫画なのに、なんだか
可愛らしくて好感が持てます。

本書の内容で珍しいと思ったのが、治療の一環として、日記を
書くことがすすめられていること。「行動記録表」といって、
その日の睡眠時間や食事内容、ストレスを感じた状況について
などを書き留めることで、自分を客観視するための日記だとか。
なるほどなと思いました。

日記か…。私、日記って続いた試しがないんですよね(^^;
「日記」というと、日記帳にきっちり書かなくちゃいけないと大げさに
考えてしまい気が重くなるわけで…ここらへんが完璧主義なんだ
ろうけど…。それなら「日々のメモ」というふうにとらえれば、気楽に
なって私でも続けられる…かも。ちょっと検討してみます。

posted by かよこ at 21:45 | 心のこと | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

診察日

いつものようにクリニックへ。ゴールデンウィーク中ということで、
待合室は患者さんでいっぱいかと思いきや、予想に反して誰も
おらず。すぐに名前を呼ばれました。

先生に、今日は患者さん少ないんですねというと、午前中は
多かったのだとか。ちょうど空いている時間だったようです。
この2週間もまずまず良い調子で、ずっといい状態が続いている
こと、昼夜逆転が直りつつあり、夜になるとちゃんと眠くなること、
午前中に起きられる日が多いことを伝えました。

「前は夜型生活でも別にいいやと思っていたようだけど、今は
朝型に変えようと自分で努力しているところがいいね」と先生。
そう、確かに、以前は真剣に夜行性を直す気があまりなかった
のでした。本気になると長年の習慣も変えられるものですね。

そして、帰り際の会話。
「これからどうやって生きて行こうかって、よく考えるんです。
今からでも人生やり直せますよね」
「やり直すというと、これまでの人生に意味がなかったように
聞こえます。やり直すというより、今後新しい道へ進んでいく
と考えたらいいんじゃないかな」
「でも私は、これまでの人生は失敗だったと考えることが
多いです。ふらふらとさまよって生きてきてしまったなと…」

本当に、自分の人生は失敗だったと思うことがたびたび
あります。もう人生の折り返し地点まで到達しています。
前半の貴重な若い時期を無駄にしてしまったという思いに
取りつかれ、悶々とすることがあります。

でも、以前の私は将来に希望を持てず、ただ後悔するばかり
だったけど、今の私は、しばらく悩んだ後は、過去はどうあれ
今後の人生を充実させればいいんだと前向きな気持ちを
取り戻せるようになりました。やっぱり心が元気になっています。

今回の診察時間は13分ほどでした。
次回の診察は、また2週間後です。

posted by かよこ at 21:20 | 心のこと | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。