2008年09月16日

Diablo2の傭兵のこと

傭兵について書きます。「傭兵」は英語でmercenaryですが、
Diablo2ではHirelingと呼ばれることが多いようです。

オリジナルのDiablo2での傭兵は、はっきり言って、あんまり
使えなかった…そのACTでしか使えなかったし、すぐに死んでしまうから。

でも、Expansion Set、つまりLord of Destructionでは、
Hirelingのインターフェイスが大幅に改善されました。具体的には…

● どのアクトにも連れて行ける
● 傭兵にWeaponとArmorを装備させることができる
● ポーションでライフを回復させることができる

などなどです。

傭兵は、ACT1、ACT2、ACT3、ACT5で雇うことが可能ですが、
私がいつも連れているのは、ACT2の傭兵です。
ACT2の傭兵の一番いいところは、なんといっても…

Paladinのオーラを持っていることです。←これ非常に重要ですよ

Joshua(私のバーバリアンの名前)の傭兵はEmilioといいます。
(傭兵の名前は最初からついている。)

傭兵のEmilio

ノーマルのACT2に入ってすぐに雇いました。
その時ジョシュアはレベル14で、Emilioは確か、
レベル13か12だったかな。
ACT2の傭兵には、Combat、Offensive、Defensiveの
3タイプあって、EmilioはDefensiveです。
使うオーラはDefiance(防御力を高めるオーラ)です。

ACT2の傭兵がどのオーラを使うかは、どのタイプか、あとは
ゲームの難度によって決まるようです。それも公式サイトに書いて
あるんですが、これをもとにオーラの一覧表を作成してみました。

『Diablo2』ACT2の傭兵のオーラ一覧表

こうすると見やすいんじゃないかな。

もうノーマルモードをクリアして、ナイトメアでACT1もクリアして
今はACT2にいます。レベル42です。ナイトメアに入ったので、
ひょっとするとEmilioがHoly Freezeを使うのかな〜と思ってたけど、
ナイトメアでも相変わらずDefianceです。
やはり、最初に使うオーラをずっと使い続けるみたいです。

Defianceはありがたいオーラです。ノーマルモードではほとんど
防御値について心配する必要がありませんでした。Shout(防御力を
高めるおたけび)を使わずに済むし。

それでですね、傭兵は強いんですよ。本当に頼りになります。
前にも書いた通り、ACT4のThe Chaos Sanctuaryで死んで
大ピンチになったとき、死体回収が成功したのもこの人のおかげだし、
普段の戦いも、この人がいるのといないのではもう、格段の違いが
あります。

傭兵もレベルアップするわけだけど、大体いつもジョシュアと同じ
レベルです。
傭兵は自分のキャラクターを超えてレベルアップはしません。
同じレベルに到達したら、その後は経験値が傭兵に入らず、自分が
レベルアップするとまた経験値が上がり始める、という感じです。
傭兵を強い状態にしておくには、なるべく同じレベルにしておくこと
ですね。

そして、もちろん重要なのが、傭兵の装備。
ジョシュアと同じくらいに力を入れています。はっきり言って、
傭兵のほうがいい装備品を身につけています。
Runeも使っていて、Rune Wordも発動させてます。
自分のキャラクターだけではなく、傭兵の装備を考える楽しみが
増えて嬉しいです。

傭兵のステータスは、レベルアップ時に自動的に上がるけど、
同じレベルのジョシュアと比べてみたら…
どうみても傭兵のほうが強い。(^^;

でも、傭兵はコンピュータキャラクターなので、敵を発見したら
無謀に突撃するのみ…それで死んでしまうんですよね。
もし危険な状態で退くことを覚えたら、最強になりますね。

そういえば、ナイトメアに入ってから、傭兵が死にやすく
なってきた…。小ボス率いるモンスター軍団が増えて、
そこでやられることが多いかな。傭兵のライフには気をつかっていて
すぐにポーションをあげるようにはしてるんだけどなあ。

傭兵がレベル13の頃からレベル42になるまで、ずっと一緒に
いたせいか、すっかり愛着がわいてしまっています。
ホントはHoly Freezeのオーラに一番魅力を感じているんだけど、
もう傭兵を変えることは…できないかも。
それに、Defianceのオーラをあてにして戦略を考えてますもん。

取扱説明書に、Hirelingに関して、

"Keep in mind that Hirelings aren't just paid mercenaries –
they're co-adventurers."

とあるけど、全くその通りですね。ホントに冒険の仲間って感じがします。

私はいつもシングルプレイヤーで遊んでますが、傭兵がいると
マルチプレイのようです。コンピュータ操作の人物だから、全然
気を遣う必要がないのもラクだったりして。
あ、Diabloシリーズはオンラインゲームなんですよ。←いまさら何を

とにかく、とってもありがたい存在である傭兵。
なるべく死なせずに、一緒にゲームを進めていこうと思います。

追記:傭兵にHealing Potionをあげる方法について

ゲーム画面左上の、傭兵のポートレート(似顔絵)に、
ポーションをドラッグ&ドロップしてもあげられますが、これよりも
早い方法があります。
シフトキーを押したままベルトのポーションを右クリックする、
あるいは、シフトキーを押したままベルトのホットキー
(初期状態なら1234)を押すと、すぐにポーションをあげることが
できます。傭兵から"Thank you." "Thanks."とお礼を言われます。

posted by かよこ at 20:08 | ゲーム | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

受講中の武術の講座

☆2012年11月現在の受講講座

月2回(火)S先生…長拳、剣術(名古屋)
※籍だけは置いてもらっていますが、5月から
 教室へ行っていません。

************************
☆2012年4月現在の受講講座(月5回)

月2回(月) TK先生…長拳、少林拳、八極拳(岐阜)(2012年4月〜)
月2回(火) S先生…長拳、剣術    (名古屋)(2012年3月〜)
月1回(火) N先生…長拳、剣術     (津)(2011年8月〜)

************************
☆2011年10月現在の受講講座

月2回(木) S先生 … 長拳(2010年10月〜)
月1回(火) N先生 … 長拳と剣術(2011年8月〜)

つまり、今は月3回長拳の指導を受けています。
ちなみに、N先生はS先生の師匠です。

posted by かよこ at 18:44 | 武術の講座について | 更新情報をチェックする